www.jarcanada.com

現実にパソコンのディスプレイの前で、いつも上下動している為替相場を見ると、すぐに取引をしたいという抑えようのない気持ちに影響される場合も多いです。でも、あやふやな考えで注文するのだけは間違ってもしてはいけません事実、為替相場は昼夜を問わず休みなくいずれかの国の外国為替相場がオープンしているし相場もいかなる時でも変動しています。とは言っても、考え無しにトレードをすると、それだけ損をするリスクが高まってしまう。当然の事ながら、売り買いの数を経験することによって、利益を上げられる確率が五分五分になるのは周知の通りです。けれどもこの事実は「明確でない勘で売買」とは話が異なります。取引回数を積む意味というのは、自ら「ここは!」と感じた勝算を得られた状態でのエントリー回数を積み重ねるという意味である。特段の理由も無く、連続して売買を積むのとは全く違う。外国為替市場の戦いに負けないためには深く考えてけじめをつけることこそが大切です。「ここは!」と感じた相場の時には、迷わず所持ポジションを増やして徹底的に儲けを求めます。「明らかに分かりにくいマーケットで、どう変化するのか読めないな」と思い至った時は執着しないで所持ポジションをひとつ残らず見切りをつけて放置します。それくらいのメリハリがあったほうか、エントリーは勝利します。外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。文字通り言葉どおりです。外国為替相場とは、常に売買ポジションを保有する事がすべてではなく売買ポジションを保持せずじっと見ていることも、相場なのである。じゃあ、どういう場面で、休めばいいのでしょうか。第1に考えられるのが、前述したように、最近の外国為替市場が曖昧で見通しがきかない時ですここから円高になるのか、それとも円安になるのかが決める事が出来ない時は何も考えず行動すると、自身で思ったストーリーとは違った方向に相場が推移してしまい損失を被る事になります。そういったケースではポジションを閉じ、そのまま静観しているのが良い方法です。ふたつめは、自分自身の体の具合が変なときです。健康状態と市場に何の影響も与えないと思う人もいるでしょうが考えている以上に関係があります。体の状態が悪い時は、為替相場のミスできない場面で、正確な決定が出来ない場合があります。関心がわかない時はマーケットから目をそらす事も肝心な事です。