これというのは実際にやってみると簡単に覚えられますが

クルマを所有する人でしたらご存知だとは思いますが、自動車税なるものを支払う義務があります。

そして自動車税は手放す中古車売却時に普通に還ってくるものなのです。

これというのは実際にやってみると簡単に覚えられますが、それでは順に詳細に案内しましょう。

ちなみに補足しておけば、日本で生産されている自動車だけに限らず外車でも税金が返還されることになります。

中古車もそうですね。

車のオーナーが支払う税なのですが税額は車の排気量毎に定められています。

1リッター以下ならば29500円で1リッターより上で1.5リッターまでなら34500円。

これからは500ccごとに5000円が乗ってきます。

それから自動車税は4月1日の時点で車を保有している人が来年3月までのお金を払う義務があります。

つまり事前納付になるということですから車を買取してもらって、所有者でなくなった際には先払いした分の税は還付されるんです。

この自動車税の場合は先払いで来年3月までのお金を払いますので、その年度内にクルマを手放した場合には買い取ったオーナーがお金を負担するのです。

買取先が専門店なら、引き取り時に支払いすぎた税金を返してくれます。

つまり、所有者でなくなった時より後の税額は権利が移った所有者が納税義務を負います。

もしあなたが10月中に車を売却した時は11月以降来年3月中までの税金は戻ってくるのです。

というのも、繰り返しになりますが自動車税の場合は一年分を前払いしているという事実によるものです。

ということは、あなたは買取先に自動車税を返してもらうということになります。

業者を介さずに自動車を売却する際に意外にこのことに気付かない人が多くいるので、きっちり確認をとるようにしましょう。

自動車税が車を売却すると戻ってくることを意外に知っている人が少ない事を利用して、その状況を説明しない業者もいるのです。

こちら側から自動車税に関しての話題を出さなければ全然返金のことに言わないという場面もよく見られます。

そのため車の買い取りをお願いする際には払いすぎた税金が返還されることを確認することを忘れないようにする必要があります。

コンテンツメニュー

    Link